トップ

インプラントの治療方法に関して

治療方法とその工程

顎の骨に埋入するインプラント

インプラント手術とは、歯が失われた部分の顎の骨に人工の歯根を埋入する手術のことをいいます。保険が適用されず自費診療になるので、義歯やブリッジなどの保険診療と比べると高額になりますが、審美的にも機能的にも、自分の歯と同じように回復することができます。ただ、全ての症例がインプラントに適しているわけではなく、顎の骨の量や幅が足りない場合には治療ができないこともあるので、事前に歯科医師とよく相談しカウンセリングを受ける必要性があります。治療後は自分の歯と同じようにセルフケアを行い、歯科医院で定期的な検診を受けることも重要です。

インプラント,顎

歯の治療前にすること

インプラントというのはどの様な治療のことを言うのでしょうか。この治療は人工歯根といわれるネジのような部品を顎の骨に埋め込む治療法になります。そのため、重要なのは顎の骨に十分な骨量があることが重要になります。そのため、治療前には画像検査を行い、骨の状態を確認します。骨が十分でない場合には、骨を増やす治療などを行うことが必要な場合があります。歯が抜けてそのままにしておくと骨の量は減少していき治療が難しくなるため、歯が抜けてしまった場合には出来るだけ早くインプラント治療を受けたほうが治療はうまくいきます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療方法に関して. All rights reserved.