トップ / 安定するインプラント

安定するインプラント

インプラントする為に

サイナスリフトのインプラント

上顎から上顎洞までの距離が狭い、つまり上顎の高さがない場合は、そのままの状態で無理やりインプラントを行うことができないので、顎の骨を押し上げるソケットリフト法という方法が行われます。しかし、これは上顎の骨が最低5mmは必要で、それ以下しかない場合は、サイナスリフト法と呼ばれる方法が行われます。これは骨の量を増やしていく方法です。しかしこのサイナスリフトは、骨の量が増え、しっかりと安定するまでに約半年程度の期間が必要です。インプラントを行うためには、この方法以外に今のところ治療法がありません。

インプラント,顎

入れ歯とインプラントの特徴

なくなった歯を補う方法には入れ歯、インプラントなどがあります。入れ歯はこれまで一般的に行われている方法で、保険診療の範囲で高額な負担になることはありませんが、入れ歯が合わずに痛い、かたいものが噛めない、食べ物の味がわかりにくいなどの悩みを持つ人も少なくありません。一方で、インプラントは顎の骨に人工歯根と言われる歯の土台となる物を埋め込んで、そこに人口の歯を装着するものです。この方法では、自分の歯と同じようにしっかり嚙めて、見た目も自分の歯と変わらないような仕上がりになる利点があります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療方法に関して. All rights reserved.