トップ / 歯が抜けたらインプラント

歯が抜けたらインプラント

インプラントの技術

インプラント治療の骨の吸収

虫歯になった時など、昔の歯医者さんは歯を抜くと言う治療を行うケースが多く有りましたが、出来る限り抜かない治療を行うのが最近の歯医者さんの特徴です。余程酷くならない限りは抜かない治療を行ってくれるわけですが、歯を抜くことで骨が体に吸収されると言うリスクをもたらしてしまうと言います。インプラント治療は、比較的新しい治療法なのですが、この骨の吸収を抑制させる効果を持つと言います。インプラント治療では、顎の骨にチタンと言う金属物質で作られたフィクスチャーと呼ばれる部品を埋め込む事で、骨の吸収を抑制します。

インプラント,顎

インプラントを長持ちさせる秘訣

インプラントは入れ歯などの他の治療法とは違い、天然の歯と同じようにものを食べることができ、温かさや冷たさもダイレクトに感じられるというすぐれた特徴をもっています。また、天然の歯と同様に、適切なメンテナンスを行うことで、半永久的に使い続けることが可能です。そのようにインプラントを長持ちさせるための秘訣としては、毎日の歯磨き習慣を欠かさないということが第一に挙げられます。天然の歯ではないので虫歯にはなりませんが、歯茎のすき間に虫歯菌が侵入して歯周病になることがありますので、ブラッシングで予防するのです。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療方法に関して. All rights reserved.