トップ / インプラントで蘇る歯

インプラントで蘇る歯

インプラントの金属

インプラントとは何か

インプラントとは医療目的で体内に埋め込む器具のことです。様々な方法で利用されています。例えば失った歯のかわりにあごの骨にチタン製の支柱を埋め込むことがあります。これをデンタルインプラントといいます。まるで自分の歯のように自然に噛むことができるようになり、審美的にも機能的にも優れた技術ですが、高度な技術が必要なため、歯科医院選びは慎重にしたいものです。他には骨折やリウマチなど骨を固定するためのボルトとして利用することもあります。

インプラント,顎

インプラントの大事な治療期間

インプラント治療を成功させるために大事なことは人工の歯根を埋め込んでから固定されるまでの期間であると言えます。人工の歯根はチタンでできていて、じっくりと時間をかけてあごの骨と結合します。しかしながらこの期間に歯磨きを怠ったり喫煙などによって口内環境を悪化させてしまうと埋め込んだ人工の歯根はあごの骨としっかりと結合しなくなります。そのため、この期間においてもしっかりと歯磨きなどを行い、口内環境の維持に努めることが大事であると言えます。インプラント治療を終えてからも口内環境の維持は大事です。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療方法に関して. All rights reserved.