トップ / 口臭のないインプラント

口臭のないインプラント

インプラントを検討

骨が少なくてもインプラント治療

「顎の骨にインプラントを埋め込む」という治療なので、顎の骨の量が少ないと治療をする事は難しいですが、医療機関によっては安全な方法で骨移植を行い、十分な量を確保している所があり、他院で断られた方も多く来院しています。歯が抜けたままの状態にしておくと、その隣の歯は片側のみで支えられる事になりますから、どうしても抜けやすくなります。なるべく早く人工の歯を入れる事を検討した方が良いのですが、インプラントにはメリットとデメリットの両方がありますので、じっくり検討してみる事です。

インプラント,顎

デンタルインプラントの安定性

デンタルインプラントは顎骨に金属製の金具を取り付けて、人工の歯を固定する治療方法です。人間の歯は、永久歯が抜けてしまうと二度と生えてきません。歯が抜ける理由は虫歯であったり歯周病であったりとさまざまですが、いずれも加齢とともにそのリスクが高まり、最終的に死ぬまでに歯がすべて残っているという人はかなり稀な存在です。そのため入れ歯やブリッジなどを使ってその代わりとしますが、違和感があり不具合がよく出ます。その点でデンタルインプラントは顎骨に直接埋め込むため、安定した人工の歯を手に入れることができます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療方法に関して. All rights reserved.