トップ / インプラントと入れ歯の比較

インプラントと入れ歯の比較

インプラントと入れ歯

入れ歯とインプラントの違い

歯がなくなったところへの治療方法にはいろいろありますが、代表的なものに部分入れ歯があります。しかし、部分入れ歯には欠点があります。それは隣接する歯に固定するため、将来的には隣接する歯も失ってしまう可能性が高いということです。その欠点を改善した治療法がインプラント治療になります。この治療では、顎の骨に固定するため、周囲の歯に負担をかけることがありません。きちんとしたメンテナンスを行うことで長期にわたって健康的に使用することが出来ます。インプラントは保険が使用できませんが、それだけの価値がある治療法です。

インプラント,顎

入れ歯に不満があるあなたへ

失ってしまった歯の代わりに物を噛み潰してくれる入れ歯は、意外と問題の多いものです。きちんと口腔にあってないと動いたりずれたりしてしまう上、痛くなったり、食べ物の味が変わってしまったりします。また、ケアをなかなか面倒なことです。そんな入れ歯に不満を抱いている方は、インプラントに変えてみてはいかがでしょうか。金銭的なデメリットはありますが、それさえクリアすれば本当に自分の歯のように食事を楽しむことができます。インプラントはぐらつかず、また、外見的にも他の歯と見分けがつかないので、審美的にも優れていると言えます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療方法に関して. All rights reserved.