トップ / 削らずにインプラントを

削らずにインプラントを

最新のインプラント

インプラントとCTの活用

インプラントによる治療に先立つ検査の段階では、通常の歯の治療と同様にX線撮影を行いますが、近頃ではコンピュータ断層撮影、いわゆるCTが活用される機会も多くなっています。X線撮影は、体の内部を透過するX線を用いた撮影法で、歯の生え方やあごの骨の状態などを見る上でたいへん役立ちます。インプラントの際にCTが活用できれば、 1回の撮影だけで、X線とコンピュータを使って3次元の立体画像としての人体内部のデータが得られますので、従来に比べてより適切な診断と治療が可能となります。

インプラント,顎

生活を豊かにするインプラント

従来は歯を欠損してしまうと、治療の際にほかの健康な歯に負担をかけてしまうということが懸念されていました。しかし、インプラント治療に関しては、健康な歯に影響を及ぼさずに施せます。さらには、見た目の審美性を追求したいという人も合うものです。そして、機能に関しても、固いものや粘性の強いものであっても、自分の歯のように使うことができます。また、スポーツをするときに食いしばる必要があっても対応できます。インプラント治療で生活が快適になり、自分の歯があったと気のような感覚での生活も可能となることも期待できます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療方法に関して. All rights reserved.